2021.03.22.Mon コラム

取り入れ方で印象を変える。インダストリアルリノベーション事例3選

初めまして、クジラデザイナーの菅原です!
店舗や宿泊施設、住宅の設計・デザインを担当しています。

今回は人気のある「インダストリアル」デザインについてご紹介していきたいと思います。
インダストリアルのテイストってどうすればできるの?どういったものを組み合わせればいいの?
そんな疑問をお持ちの方にぜひ読んで頂きたいです。

そもそも「インダストリアル」とは?


(引用元:Pixabayからの画像)

「インダストリアル」とは工業的という意味を持つ言葉です。

特徴としてむき出しのコンクリートや金属(スチール、アイアン)など無機質なものと木材やレザーなど異素材のものを合わせる無骨なスタイルで、ブラック、グレー、ブラウン、シルバーといった落ち着いた色味がベースになることが多いです。

ここからは実際に「インダストリアル」を取り入れた施工事例を見ていきましょう。

事例1.木の温かみを取り入れる

▲クジラ施工事例|アウトドアライフを楽しむ、ライフスタイルから間取りを決める

建具の木とあたたかい色味の照明が色映えしてかわいいですよね。こちらの事例もインダストリアルのデザインを一部取り入れていますが、全体的にグレーや白を基調としているので、特有の無骨さを少し抑えたデザインになっています。無骨!かっこいい!といったイメージもありますが、バランスよく使用することで木の温もりを際立たせることもできます。

■POINT1:躯体現し
躯体表しとは壁紙などの仕上げ材を使わずに、建物を支えるコンクリートを打ち込んだ面をそのまま床・壁・天井として使うことです。 打ちっぱなしの場合もありますが、よりつるっとした綺麗な風合いに見せるために、仕上げにモルタルという素材を塗ることもあります。モルタルを塗ると所々に現れるひび割れ(クラック)と塗りむらで表情が出て、これがかっこいいんです。。 こちらの事例では天井を躯体現しに、梁にモルタルを塗っています。

■POINT2:ストーンシート
天然の石材を特殊な技術で薄く剥がしてシート状にした内装材で、薄く曲面での使用もできるのが特徴です。事例では洗面台の壁面に施工しているのですが、はさみでの切断も可能で材料さえあれば簡単に貼り付けることもできるので、DIYなどにもおすすめです!

事例2.無骨でかっこいい

▲クジラ施工事例|新旧の融合を素材で叶えた客室 -SEKAI HOTEL Fuse-
▲クジラ施工事例|泊まれる町工場、SEKAI HOTEL Fuse

ステンレスの洗面台と単管パイプの手摺がマッチしたカッコイイ空間ですよね。周りがシンプルなのでペンダントライトのデザインで空間にアクセントを入れることもできます。

■POINT1:ステンレス
汚れを意味する「stain」と否定を意味する「less」が組み合わさった言葉で、その名前のとおり汚れにくいという特徴があります。熱や酸にも強い性質のため水回りのキッチンや洗面に使用してもサビが起こりにくいですが、傷がつきやすいというデメリットもあります。スイッチがステンレスのもの(ex.トグルスイッチやアメリカンスイッチ)から取り入れてみるのも良いと思います!

■POITN2:単管パイプ
建築工事で用いられる機材の一種で 単管と略されることもあります。建築現場で作業をするための足場用仮設資材として利用されることが多いので強度が十分に確保できます。

事例3.異素材を組み合わせた統一感

▲クジラ施工事例|多種多様な人達が繋がりを持てるオフィス

仕切りがメッシュ状になっており、向こう側が見えるので圧迫感がなく重い印象にならないのが良いですね。異素材な家具をたくさん取り入れていても全体的に統一感がでます。賃貸だから施工できないというときは、家具から取り入れるのも良いと思います。

■POINT1:エキスパンドメタル
金属板を刃型によって千鳥状に切れ目を入れながら押し広げ、その切れ目を菱形や亀甲形に成形したメッシュ状の金属板を指します。よくフェンスや階段の踏板などに用いられています。素材としては鉄やアルミ、ステンレスなど、さまざまな材質が用いられます。事例では「エキスパンドメタル」を空間を仕切るパーテーションとして使用しています。

■POINT2:家具
木材とアイアン、木材とレザーといった異素材の組み合わせの家具を取り入れています。インダストリアルは同じ家具で揃えなくても雰囲気の統一感がでやすいので、気に入った家具を組み合わせるのも良いと思います。SHABBY’S MARKETPLACECRASH GATE 、 70Bといった家具屋さんに行ってお気に入りを見つけるのも楽しいと思います!

最後に

いかがでしたでしょうか。
素材の組み合わせによって、シャープな空間から温かみのある空間までインダストリアルの中でも違った印象にすることができます。今後リノベーションを考えている方に少しでもアイデアが提供できていたら嬉しいです。

クジラでは毎月リノベーション勉強会や、施工済みの物件を実際にご覧いただけるリノベーション見学会を実施しています。自分にあった住まいづくりについて少しでもご興味ご関心のある方はぜひ、お気軽にご参加ください!
▼お問い合わせはこちらから!
■リノベーション相談会 |LINEでいつでもお気軽に、毎日リノベの相談を受け付けています!
■リノベーション見学会 |クジラの手がけた物件へご案内します。インテリアコーディネートの参考にも◎。
■リノベーション勉強会 |テーマを決めたセミナー形式で、リノベーションのコツをお伝えします。

WRITERこの記事を書いた人

デザイナー

菅原 沙絵SAE SUGAHARA

設計 / 大阪府大阪市出身 / 普段からデザインを意識的に見て、自分ならどうするのか考えるようにしてます / インテリア雑貨が好きでナチュラル・シンプルなものを集めることにはまっています

リノベーションの相談・各種ご予約はこちら