2021.06.19.Sat コラム

暮らしと家づくりで実践する、サスティナブルな暮らし

こんにちは、KUJIRAのデザイナーの兒島です!

最近、色々なところで耳にするようになった「サスティナブル」という言葉。
聞いたことはあるけれど、よくわからない!何をすればいいの?というあなたに!
リノベーション会社のクジラが、サスティナブルな暮らしを実践するための
住まいづくりについてご紹介します!

サスティナブルって何?


(画像:https://digital-shift.jp/flash_news/s_210208_15)

サスティナブル(Sustainable)とは、sustain(継続する)+able(~できる)が組み合わさった言葉で
「継続可能な」「ずっと続けていける」という意味があります。
つまり現在のサスティナブルな社会を実現させよう!という活動は、
“地球の環境を守りながら、生活をし続けていける社会を目指そう!”という活動なのです!

フードロスをなくす、マイバックを積極的に使うといった日常的な取り組みもたくさんありますが、
今回は、その中から、暮らしや家作りに関することをご紹介。

暮らしから、一生のお気に入りを長く大切に使う

ひとつのものを長く大切に使うことも限られた資源を守ることにつながります。

(参考:オイル仕上げ商品のメンテナンス)
例えば、家具インテリア
安く寿命の短いものを買い換える生活ではなく、良いものを長く大切に使う。
オイルでメンテナンスを続ければ、使っていくほど味わいを増していきます。
長く使うことを前提に、もの選びをしていきたいですね!

家の中から、エネルギーを削減する

今、当たり前に使っている電気を節約することも資源を守ることにつながります。

例えば、日当たり・風通しに配慮してインテリアを配置する
日当たりのいい部屋を日中よく使う部屋として、暑い日には風通しのいい部屋で過ごす。
電気をたくさん使わなくても暮らしていけるように、家のインテリアを再配置すると日常的にエネルギーを節約できます。

他にも、再生可能エネルギーに切り替えることで環境を守ることができます。

(画像:https://www.to-mare.com/news/2020/100.html)

太陽光発電を家に取り付けるには費用や手間がかかってしまい少し大変ですが、
太陽光や風力などの再生可能エネルギーを使って発電している電力会社に切り替えることで、
サスティナブルな暮らしをすることができます。
補助金などもあるので、気になる方は一度チェックしてみてください!
(参考:https://www.egmkt.co.jp/column/corporation/20201026_21.html#ap_3)

家づくりから、環境を守る

リノベーションを検討している方へ、朗報です。
家づくりにも、環境を守る選択肢があります。

例えば、断熱のしっかりとした家づくりをする
先ほどの、電力の節約にもつながりますが、家の断熱性を上げることで無駄なエネルギーを節約できるため、長い目で見たとき、環境に優しい家になります。
もちろん、寒暖差が少なく快適にもなるので、断熱はしっかりと行いましょう。
(クジラのコラム記事:断熱工事のすゝめ -リノベーションにおける断熱工事工法-)

他にも、環境に優しい建材を使うという選択もあります。
建材の中にも、オシャレでサスティナブルな建材がたくさんあるので、ぜひチェックしてみてください!

(クジラのコラム記事:サスティナブルな暮らしに寄り添う、環境にやさしい建材4選)

リノベーションから、未来に繋がるカッコいいを創る

家を長く大切に使う。それもまた、資源を大切にすることです。
リノベーションでは柱などは既存のものを使うため、新築に比べて解体のゴミが少なく、家の骨組みを長く使っていくことができます。サスティナブルの目線で、リノベーションを検討するのも選択肢のひとつです。

最後に

建築業界は、まだまだサスティナブルな取り組みが進んでいない業界です。
私たちも何かできることがないかと毎日模索中。まだまだ手探りになるけれど、子ども世代のことを考えたカッコいい未来を創っていきましょう!

WRITERこの記事を書いた人

デザイナー

兒島 ゆう子YUKO KOJIMA

デザイナー / 兵庫県豊岡市出身 / 暮らしが好きになるお家づくり / 蚤の市へ行ったり古い家具をもらいに行ったりと、ストーリーを大切にもの選びをしています。

リノベーションの相談・各種ご予約はこちら