GLOSSARY

リノベーション用語集

建築・不動産業界で使用されるリノベーション用語集をご覧いただけます。用語は随時更新されます。

建築用語リノベーション

リノベーションとは、古くなった住宅を作り変えることです。具体的には、大がかりな工事をおこなって、機能を刷新したり、使いやすさを高めたりして、中古住宅に新しい価値を与えることを指します。

リノベーションとリフォームの違い
リノベーションとリフォームには厳密な区別はなく、本質的にはリノベーションであっても、リフォームと呼ばれている場合も中にはあります。ただ、リノベーションとリフォームには、次のような違いがあります。

・リノベーションは新しく造り替える 、リフォームは当初の状態に復元する
・リノベーションでは新しい価値が生まれるが、リフォームで新しい価値は生まれない
・リノベーションは全体の改修が多いく、リフォームは一部の改修が多い

リフォームとは「汚れたり壊れたりした設備を直して元どおりにすること」であり、あくまで「原状回復」が目的という点で、リノベーションとは異なります。

もし、今の住まいに以下のようなお悩みやご希望をお持ちならば、リノベーションは有効な手段となるでしょう。

・もっと使いやすい間取りにしたい
・住みたいエリアに新築が少ない
・なるべくコストを抑えて綺麗な住宅に住みたい
・古い建物を利活用したい

今の住宅をさらに良くしたい人にとっては、間取りや設備を自由に作り変えられることが最大のメリットです。これから新しい住宅を探す人にとっては、中古のリノベーションを候補に入れることで、希望に合う物件を探しやすくなります。新築を買うより安く済むことも大きなメリットです。

住宅のリノベーションをする場合、注意点もいくつかあります。

・中古住宅なので耐久性に不安がある
・実際に住むまでに時間がかかる
・リフォームより工事費用が高くなる傾向がある
・解体したときに新しい問題点が発覚する場合がある

リノベーションをする対象の住宅は、中古住宅です。そのため、新築よりも耐久性は低くなりがちです。また、ただ単にできている住宅を買うのとは異なり、検査、設計、工事施工などが入ることから、どうしても引っ越すまでに時間がかかります。また、いざ工事となると、大規模工事になるため、部分的な改修のリフォームよりも費用が高くなりがちで、工事を進める中で新たな改修箇所が見つかり、料金が上乗せになってしまう場合もあります。予算オーバーにならないよう、十分に気をつけましょう。

用語集トップにもどる
リノベーションの相談・各種ご予約はこちら