マンション 新しい住まいの形 -暮らしと仕事が共存する家-

CONCEPT 生活環境が大きく変化し、家で過ごす時間が多くなったご夫妻。
「家の中の過ごし方が大切」だと感じ、暮らしを見つめなおしたリノベーション。

素敵な景色と暮らしがつながり、お互いの関わり方が優しくつながり、幸せな時間が流れるように。

POINT 1「部屋に入った瞬間、気持ちが切り替わるんです。」

仕事部屋は場所を分けるだけでなく、壁紙や床材も切り替えました。
人は視覚情報が8割、スイッチの入り方が違います。
「各部屋ごとに内装を変えたから、お互いの部屋に入るときは"おじゃまします"という気持ちになります」と笑顔で話してくださったご夫妻。お互いの時間を尊重し合う、優しく思い合える関係がありました。

POINT 2景色と交わるガラス窓

ここが壁なのとガラスなのでは、リビングの開放感が違います。
外の景色が素敵なお家だから、リビング→室内窓→外窓で視線の通る位置に室内窓を配置して、外の景色が大きくつながる空間に。

POINT 3素材にこだわった、リビングフロア

ゆったりと過ごすリビングは、奥様こだわりのオークのフローリング。
素敵なインテリアをお持ちのご夫妻にぴったりな、優しい空間へと生まれ変わりました。外の景色を楽しみながら好きなインテリアに囲まれて過ごす時間、言わずもがな最高です。

BEFORE & AFTER

BEFORE
AFTER

お揃いの床で

夫妻の別々の仕事部屋、実は同じ床材を使用しています。
1部屋は白のラインを入れることで、タイルのような装いに。
もう1部屋はそのまま並べて、モルタルの床のように。
同じ素材だから、雰囲気に統一感がありながら、部屋によっての切り替えができています。


存在感を無くす

黒い縁に丸い引手のthe和室だった襖を、リビングと調和する静かな襖に作り変えました。敷居や鴨居はそのままに、襖の表面を壁紙と同じ素材で壁に近付け、引手はシンプルなもので仕上げています。


▼施主様インタビュー記事はこちらから
インタビュー│住まいについて考える

 

INFORMATION

種別 マンション
構造 鉄筋コンクリート造(RC造)
築年数 築31年
面積 102㎡
工期 30日
参考価格 200万円(税別・家具抜き)
リノベーション内容 部分リノベーション(リビング、仕事部屋1.2、洋室、家事室、廊下)
デザイナー 兒島 ゆう子
DESIGNERデザイナー

デザイナー

兒島 ゆう子YUKO KOJIMA

デザイナー / 兵庫県豊岡市出身 / 暮らしが好きになるお家づくり / 蚤の市へ行ったり古い家具をもらいに行ったりと、ストーリーを大切にもの選びをしています。

リノベーションの相談・各種ご予約はこちら