一軒家 古き良きものを活かした落ち着きのある空間
61.53㎡

CONCEPT 元々住んでいたマンションでは、お部屋と駐車場代の賃料を払うのがもったいないと思った事をきっかけに新たなお家探しをすることを決めた施主様。
今回は物件購入からリノベーションの設計施工までお手伝いさせていただきました。
日本家屋のような昔ながらの”実家”のような落ち着いた空間が好きなお客様ということで、"古き良きものを活かした落ち着きのある空間"をコンセプトに設計させていただきました。

POINT 1レトロで可愛い既存利用のタイル

お客様が物件選びの時から可愛いと気に入っていた玄関タイル。
解体前の打合せで「残したいです!」とのことで既存利用させて頂きました。
帰ってきた時に実家に帰ってきたような懐かしさを感じれる空間となりました。

POINT 2実際に見て選んだ古建具

お客様がネットで見つけた商品が滋賀の信楽にあるお店に置いているとのことで、実際にお客様とお店まで見に行って決めさせていただきました。
そのままのサイズが合うものが無かったのですが、大工さんと相談して、少し加工してもらうことで無事入れていただくことが出来ました。
お客様には「こんなに綺麗に入ると思わなかったです!嬉しいです!」と喜んでいただけました。
一番いる時間が長いLDKに古建具をいれることで実家にある古建具を思い出しながら落ち着いて過ごせる空間となりました。

POINT 3昔ながらの和室にある木質天井

こちらも解体前の打合せで既存利用するとなった部分です。
畳は表面のみを新しいものに張り替えて、壁は柱を残してクロスに張り替えました。
昔ながらの天井を残し、畳の床にすることでゆったりと落ち着くことのできる空間となりました。

BEFORE & AFTER

BEFORE
AFTER
BEFORE
AFTER
BEFORE
AFTER
BEFORE
AFTER

造作建具

リビングの入口や和室の入口に古建具をいれることになったので、他の建具は造作で製作させていただきました。
木の材質や色の濃さなどサンプルに塗装して、現場でお客様と調整しながら決めさせていただきました。
お客様と営業・設計・施工管理のチーム全員でこのくらいかな?とみんなで相談しながら決めたのも思い出ですね。

造作建具

造作洗面台

毎日使う場所だからこそこだわりを。メイクをしたり、ヘアセットしたりできるように左側にはカウンタースペースをつくりました。
お客様お気に入りの柄の入ったタイルが空間に合っていて素敵ですね。

ペンダント照明

ダイニングキッチンや階段にペンダント照明を入れさせていただきました。
落ち着いた空間に少しアクセントとしていれるとまた違った雰囲気を味わえます。

INFORMATION

種別 一軒家
構造 木造
築年数 築50年
面積 61.53㎡
工期 約90日
参考費用 1400万円(税別)
リノベーション内容 フルリノベーション
デザイナー 菅原 沙絵
DESIGNERデザイナー

デザイナー

菅原 沙絵SAE SUGAHARA

設計 / 大阪府大阪市出身 / 普段からデザインを意識的に見て、自分ならどうするのか考えるようにしてます / インテリア雑貨が好きでナチュラル・シンプルなものを集めることにはまっています

リノベーションの相談・各種ご予約はこちら