一軒家 木目柄にこだわった家
103.46㎡

CONCEPT 天井や床、壁など、内装に木目を取り入れたい。というご要望から、
いくつかの部屋に木目を取り入れました。
木目の温かみが伝わるように、白を基調としたデザインに仕上がりました。

POINT 1木目を活かすヘリンボーン

リビングの床は憧れの「ヘリンボーン」に。
天井も木目柄にしたいということで、全体的に木目がメインのお部屋になりました。

POINT 2リビングが見渡せるキッチン

夫婦それぞれのこだわりが詰まっており、​キッチンからリビング全体が見渡せるように対面型のキッチンを採用しました。
また、コンロのある控え壁もガラス板を入れることで見える範囲を広くしています。

POINT 3壁一面のピクチャーレール

ピクチャーレールを取り付けることによって、子供たちの絵や写真など飾れるようにしました。
上部に隙間があるのでちょっと服を掛けたいときにハンガーをひっかけることもできます。

BEFORE & AFTER

BEFORE
AFTER
BEFORE
AFTER

趣味を楽しむ

旦那様からのご要望では、TVの壁面にエコカラットのタイルと間接照明を取り付けました。
こちらは調光も可能なので、映画を見るときなど調節して楽しむことが出来ます。

ガレージスペース

追加工事で車庫の奥に物置スペースを作りました。
旦那さんの趣味である、釣り道具など、溢れていた物がたくさん収納できるようになりました。

INFORMATION

種別 戸建
構造 混構造(鉄筋コンクリート造・木造)
築年数 築38年
面積 103.46㎡
工期 92日
参考費用 1360万円
リノベーション箇所 フルリノベーション
デザイナー 菅原 沙絵
DESIGNERデザイナー

デザイナー

菅原 沙絵SAE SUGAHARA

設計 / 大阪府大阪市出身 / 普段からデザインを意識的に見て、自分ならどうするのか考えるようにしてます / インテリア雑貨が好きでナチュラル・シンプルなものを集めることにはまっています

リノベーションの相談・各種ご予約はこちら