CONTACT US お問合わせはこちら
CLOSE閉じる

長屋・古民家 照明でシーン分けされた客室 -SEKAI HOTEL Fuse-

CONCEPT 「面積30㎡、床の高低差60㎝の狭小空間」を生かしたレイアウトを施しました。
リビング・キッチン・寝室の照明に変化をつけることでシーンにあった空間に。
壁で区切らず床の高低差を利用し、ゆるやかに空間を仕切ることで全体に視線が通り、空間をより広く見せています。

POINT 1照明の変化で空間を分ける

リビングでは、スポットライトに照らされた壁面の波板が、天井高を強調することでダイナミックな空間を演出しています。
また、寝室はライン照明により全体から切り取られたように際立たせながらも、間接的なやわらかな光で落ち着いた空間に仕上がっています。

POINT 2「ものづくりの街」東大阪市の地元企業と連携

SEKAI HOTEL Fuseオリジナルの家具や照明を「made in 東大阪」で製作し、インテリアとして使用しています。
こちらの客室では、本革のソファ、ペンダントライト、エキスパンドメタルと呼ばれるメッシュ状の金属板も東大阪で作られたものを使用しています。

POINT 3壁一面、鏡貼りの洗面所

壁一面に鏡を貼ることによって圧迫感を感じにくくなり、空間を広く見せています。
鏡のサイズを変えるだけで、ラグジュアリーな空間を演出することができます。

BEFORE & AFTER

BEFORE
AFTER

PendantLight

黒皮鉄風の焼き付け塗装仕上げにより、サビが現れたり、色に濃淡が出てきたりと経年変化が楽しみです。
地元企業の盛光SCMさんと連携して製作しました。

Sofa

傷ひとつない綺麗な状態のA級の皮ではなく、少しの傷や色むらのあるC級の皮を使い、空間の雰囲気に合わせながらもコストを抑えています。
地元企業の株式会社さかとういすさんと連携して製作しました。

Counter

造作のカウンターの仕上げには、モルタルのような風合いの防水性の高いモールテックスを使っています。
防水性が高いだけでなく、表面が強くカラーバリエーションが豊富なので、オリジナルキッチンカウンターなど汎用性が高い仕上げです。

 

 

INFORMATION

種別 戸建て
構造 木造
築年数 築55年
面積 34.5㎡
工期 60日
参考価格 665万(家具/家電別)
リノベーション箇所 フルリノベーション
リノベーションの相談・各種ご予約はこちら