ビル 黄色のソファがアクセントの客室-SEKAI HOTEL Nishikujo-

CONCEPT オフィスビルだった3フロアを、SEKAI HOTEL Nishikujoの客室にコンバージョンをしました。
白とベージュをベースカラーにすることで全体的に「柔らかい空間」を演出。
柔らかな雰囲気を保つために、アクセントカラーの使い方に工夫をしました。

POINT 1「柔らかい空間」の演出

壁には既製品の白色の室内建具に合わせるために白色のクロスを施しましたが、天井にはベージュ色のクロスを施すことにより、柔らかな空間の演出をすることができました。

空間の中で一番暗く見える天井にベースカラーよりも少しトーンを落とした色味を施すことで、落ち着いた雰囲気になります。

POINT 2アクセントとなるツートンカラーの壁面

アクセントクロスは気軽に空間にインパクトや個性を出しやすいですが、その分圧迫感を感じやすいという効果もあります。
その為、柔らかな雰囲気を保つためにアクセントを下半分だけに施しました。
下半分をブラウンにすることでアクセントになるだけではなく、壁の白い部分もより明るくはっきりと見え、空間に広がりが感じられる効果が得られます。

POINT 32段ベッドでも広々と

SEKAI HOTEL Nishikujoではスタンダードな2段ベッド。
40㎡ほどの少し狭い1フロアに4人宿泊可能にする客室なので、2段ベッドには間仕切り壁を造作せず少しでも広く見えるような工夫をしました。

BEFORE & AFTER

BEFORE
AFTER
BEFORE
AFTER
BEFORE
AFTER

黄色のソファ

部屋全体の色味に合わせて選んだ黄色いソファ。
ベースカラーと同じような色味を選ぶことで空間は調和されつつも、黄色のソファが可愛らしい印象を残します。

柔らかさを壊さないよう、丸みのある形や手触りの良い素材感のあるソファを選びました。
プランニングの段階からインテリアについてもご提案が可能です!

INFORMATION

種別 3階戸建て
構造 鉄骨造
築年数 44年
予算 1200万円(家具,家電は含まない)
工事箇所 フルリノベーション
面積 120㎡
デザイナー 高橋 桃子
DESIGNERデザイナー

デザイナー

高橋 桃子MOMOKO TAKAHASHI

設計 / 和歌山県和歌山市出身 / 実際の現場だけではなく、資料など全ての細部にまでこだわるようにしています。 / 海辺のお家を購入後に自分好みにリノベをして、猫とのんびり住むのが将来の夢の1つです

リノベーションの相談・各種ご予約はこちら