2021.05.14.Fri 施主様インタビュー

インタビュー|様々な選択肢から選んだ「リノベーション」で理想を実現

今回インタビューさせていただいたのは、中古マンションを購入してリノベーションされたK様ご夫婦です。今回は物件購入から住宅ローンの手続き、設計施工と家具のインテリアコーディネートまで、全てワンストップでご依頼いただきました。案件を担当させていただいたディレクターの山根とデザイナーの片山でお話をお伺いしてきました。

憧れを叶えてくれるパートナー選び

― クジラの事を知っていただいたきっかけはなんですか?

K様(旦那様):リノベーション業者をネットで探していた時に、一括で大阪のリノベーション会社を紹介しているようなサイトを見つけて参考にしていました。その中で良さそうだなと思う業者のHPを個別で見ていましたが、クジラさんのHPが一番分かりやすくて一番カッコいい!と思って問い合わせをしました。

K様(奥様):「この会社はちょっと他の会社とは違うな」と夫婦で話していたのを覚えています。他にはないデザインで、私たちの理想の雰囲気を作ってくれそうだなと思いました。

― リノベーションを選んだ理由はなんですか?

K様(奥様):元々憧れの家のイメージがあったんですが、結婚してからずっと旦那の実家の戸建に住んでいてそのうち実家を建て替えるか、新しく物件を購入して引っ越すかを考えていて、なかなか踏み切ることができずにいました。また、実家もだいぶ築年数が経過していたんですが、住み慣れた土地ですし広かったので実家をリノベーションすることも検討しました。

片山:一緒に色々と選択肢を検討させていただきましたね。一度ご実家をリノベーションした場合のプランもご提案させていただきましたよね。

K様(旦那様):そうですね。ただ、予算的にコストパフォーマンスを考えると実家をリノベーションするより新しく購入したほうがいいなと思い、結果的には物件を購入してリノベーションすることに決めました。

K様(奥様):私は新築が良かったんですけれど、実は旦那は始めからずっとリノベーションがしたいと言っていました。「なんで?」って聞いたら、自分たちの思い通りの間取りやデザインにしたいということと、費用的にも抑えられる賢い買い方だと思ったからだそうです。

K様(旦那様):新築だと鍵を開けた瞬間から価値が下がると聞いたことがあるので、それだったら中古物件の方がいいなと思ったんです。あとは自分たちの条件に合う物件はまずないだろうと思いました。防音室があったり、懸垂バーが付いている家なんて滅多にないですもんね(笑)
だから最終的にはリノベーションを選んで、自分たちのやりたいことをやり尽くすということを目標にしました。

好きなだけやり尽くしたリノベーション

― デザインのイメージはどうやって探していましたか?

K様(奥様):ネットでなんとなくこうしたいなという画像をたくさん探して、保存していました。探しているうちに木目のデザインの方が落ち着くし、温かみがあるなと二人の共通認識ができてきて、白と木目で構成された部屋にしようと思いました。ほのぼのした雰囲気作りをしたかったんです。

― お家の中で気に入っている部分はどこですか?

K様(奥様):私は断然トイレです!トイレって汚いイメージがあって今までどちらかというと嫌いな空間だったんですが、イメージ通りのトイレっぽくない素敵な空間にしてもらえたので、お気に入りの空間に変わりました!

K様(旦那様):私は防音室がお気に入りですね。二人とも歌を歌うのが趣味で防音室を作ることを依頼しましたが、最初は本当に住宅用マンションの一室でしっかり防音できるのか心配でした。実際完成してみるとしっかり防音ができていたので、今では好きなだけ歌うことができて大満足です。また、防音室には懸垂バーも付いているので懸垂をするのが日課になりました。

▲懸垂バー付きの防音室。開口部の窓はインナーサッシを取り付け二重窓に。

K様(奥様):キッチンのカウンターもお気に入りですね。私たちは対面でご飯を食べるよりも横並びでご飯を食べるのが好きなので、憧れのカウンターを作ってもらい毎晩楽しくご飯を食べています。
特に、ご飯を作りながら窓の外の景色を見ることができるのがいいですね。

▲キッチンから見える景色

K様(旦那様):お風呂も元々戸建で1616サイズのお風呂に入っていたのでマンションのお風呂は小さいイメージだったのですが、1416のサイズだと思ったよりもゆったり出来たので良かったです。ゆったりしすぎて何回もお風呂で寝ちゃうこともあります。

― それでは最後に、今後リノベーションされる方に向けてアドバイスをお願いします。

K様(旦那様):思い描いているイメージややりたいことがあるんだったら、恥ずかしいとかそういうこともなく全て伝えることが重要だと思います。
私たちは元々住んでいた自宅を改修するのか、新しく購入して引っ越すのかなど色々な選択肢を検討してリノベーションを選びましたが、自分たちの目的にあった方法を取るという意識も重要です。もし目的が分からなければ、まずはそこからご相談されるといいと思います。

▼WORKS
心地よい音と眺望の楽しみを。

WRITERこの記事を書いた人

ディレクター

山根 広大KODAI YAMANE

ディレクター / 奈良県橿原市出身 / お客様にとっての「カッコいい」とは何かを常に考えてご提案させていただきます / 自分だけのこだわりを沢山作ることを意識しています。こだわりが沢山あるほど人生は豊かになると考えています

リノベーションの相談・各種ご予約はこちら