2021.02.12.Fri リノベーションのヒント

猫も人も快適に暮らすリノベーションポイント6選!

ペットと暮らせるリノベーション事例

最近、お問合せで特に多いご相談が「猫を飼っているのですが、人も猫ももっと快適に過ごせる家にしたい!」というご相談です。
ステイホームで家にいる時間が長くなるからこそ、人と猫が安全に楽しく暮らせる工夫が必要ですよね。
そんな猫好きの方のために、猫と暮らすスタッフが考えるリノベーションのアイデアをご紹介します!

Point1 玄関から飛び出さないように

猫と暮らす人なら分かってくれるはず!
玄関扉を全開にできず、こっそりと入る毎日。
外の世界は猫にとって危険がいっぱいですが、好奇心旺盛な猫は、玄関扉が開いた瞬間に飛び出してきたりします。
よく簡単に付けられる柵などもありますが、低いから飛び越えられてしまったという失敗をした事がある人もいるのではないでしょか?

そこで、玄関以外にもう一つ扉を付ける事をおすすめします!
扉の先が見えるように、格子扉にすれば網戸のように破れる心配もないし、何より愛猫が迎えに来ている姿が見えるのが嬉しい。
これでドキドキしながら玄関扉を開けなくても大丈夫。
ペットと暮らせるリノベーション事例出典:わが家でも真似したい!猫が楽しいDIY。

Point2 トイレ問題

猫と暮らす上で気になる事の上位に入る”トイレ問題”
匂いの問題はもちろん、猫砂が重くて捨てるのが結構大変だったり、猫砂が部屋に散らばったりします。

そこで、猫専用のトイレスペースを作る事で換気設備を設け、匂いを気にしなくても済むように。
玄関にトイレを設置する事で、外にゴミが捨てやすく、猫砂が部屋の中に散らばる心配もありません。

ペットと暮らせるリノベーション事例出典:猫との暮らしとストレスフリーの回遊動線

Point3キッチンでのいたずら対策

キッチンにも危険がたくさん。
カウンターに上がって危険な食べ物を食べたり、コンロの上に上がって火傷をしたりする事も。
なので、キッチンにある物は見せない・触れない工夫で危険を防止しましょう。

写真のように、キッチンに入らせないようにするため個室に。
閉鎖感が出ないように、室内窓を付けてダイニングとの繋がりを作る事もできます!
木製のキッチンリノベーション」出典:リノベりす

Point4 コンセントやコード対策は必須

「噛まないで!」と何度言っても分かってくれないのが猫ですよね。
見せない・触れない・気づかせないを徹底することで、猫が安全に暮らせる環境を作りましょう。
例えばテレビを壁掛けにすることでコンセントを隠すことができます。
他にも、充電のコードなども噛まれやすいので、隠せる工夫をしましょう。
リビングのリノベーション

Point5 猫が喜ぶキャットウォーク

猫は高いところや外が見えるところが大好き。
でも、カーテンによじ登ったり、エアコンの上に乗ったりと乗って欲しくないところが沢山あります。
なので、猫専用のキャットウォークを作る事で、猫も快適・人も安心な家を作ることができます。
登った先はエアコンなどに乗れないような工夫をしましょう。

キャットウォークができるリノベーション事例
▲このようにキャットウォークの素材を透明のアクリル板にすれば、可愛い肉球を見る事も!

Point6 お昼寝が大好きな猫の為に

1日のほとんどを寝て過ごす猫。
日当たりがいいいスペースや外が眺められるスペースがあると良いですよね。
猫
マンションでも、部屋の中に“半屋外”のようなスペースを作ることで、外に出られなくても安全に快適に日向ぼっこする事ができます。
ここで、一緒に日向ぼっこするのも良いですね。
雨の日には室内干しのスペースとしても使う事ができます!
猫と暮らせるリノベーション事例

家族の生活を考えるクジラでは、愛猫も家族の一員としてどのような暮らしがしたいかをリノベーションで叶えます!
他にも、こんな事で困っている!という事があればお気軽にお問い合わせください。

■リノベーション相談会|LINEでいつでもお気軽に、毎日リノベのご相談を受け付けております。■リノベーション勉強会|テーマを決めたセミナー形式で、リノベーションのコツをお伝えします。■リノベーション見学会|クジラの手がけた物件へご案内します。インテリアコーディネートの参考にも◎。

▼ワンちゃん🐕はこちら

WRITERこの記事を書いた人

クジラ 編集部

中崎町にあるリノベーション会社です。不動産探し、住宅ローンのお手伝い、設計デザイン、施工、インテリアコーディネートまでワンストップでお手伝いさせていただきます。お客様に最適な暮らし方のご提案をさせていただきます。

リノベーションの相談・各種ご予約はこちら