2022.07.26.Tue リノベーションのヒント

【リノベーション壁材】タイル壁はおしゃれ度爆上がり!種類と特徴を解説

タイルの壁のリノベーション事例

ぱっと目を引くタイル壁はおしゃれな住まいの代表的なものではないでしょうか。
規則正しく並び、整然とした印象のタイルはお部屋をすっきりと上品な空間にしてくれます

おしゃれさに目が行きがちなタイルですが、種類や特徴によって使い分けたい場所があることをご存じですか?
今回は種類やサイズでうまく使い分けてほしいタイルの特徴やインテリア事例を紹介します。

タイルの種類

タイルは素地によって3種類に分けられます。
さらに「釉薬」と呼ばれるタイル表面に艶を出したり汚れにくくなる塗料を塗布した「施釉タイル」と「無釉タイル」があります。

タイルの壁のリノベーション事例

陶器質タイル

陶土や石灰などの原料を1,000~1,200℃で焼成したものです。
吸水率は22%以下とされ、タイルのなかでは一番水を吸い込みやすいので内装材として使用されることがほとんどです。
寸法精度が高く、施釉タイプが多いので美しい艶のある色が特徴です。

せっ器質タイル

粘土や長石を1,200℃前後で焼き上げて作ります。
無釉タイプのものが多く、表面はごつごつしています。
吸水率は5%以下と低いので外壁にも使用されることがあります。

磁器質タイル

石英や長石を1,200~1,350℃で焼き上げた、吸水性が1%以下で変形にも強いタイルです。
きめが細かく硬く丈夫なので外壁や商業施設にも使用されます。
汚れにも強いので水回りで使用されるのは磁器質タイルになります。

タイルのメリット

タイルの一番の魅力と言えばなんといっても見た目の高級感ではないでしょうか。
多くの人が選ぶ壁紙クロスでもタイル調のデザインはありますが、壁紙では作り出せない凹凸はタイルならではのものです。

しかしデザイン性だけでなく機能性にも優れているタイルのメリットをみてみましょう。

汚れ・傷に強い

タイルは高温で焼成しているため硬質で傷や凹みがつきにくいというメリットがあります。

さらに鏡面仕上げのタイルなど表面がツルツルしているものは、汚れがついてもさっと拭きとって掃除できてしまいます。
キッチンや洗面所などの水垢や油汚れが気になる場所でもタイルの壁は拭き掃除だけで綺麗な状態を保てます。

経年劣化が少なく、耐久性◎

壁紙クロスでは耐用年数が10~15年ほどと言われるのに対してタイルには耐用年数は特に言われることはありません。

目地にカビが発生などしてメンテナンスが必要にならない限り、長く使える優れた耐久性も魅力です。木材では経年変化によって色味が変わりますが、タイルは時間が経っても変色することなく磨けば当初の輝きに戻ります。

オリジナル性の高い仕上がり

タイルと言っても素材・サイズ・カラーさらに並べ方まで選べるタイルはバリエーション豊富。
同じ素材やカラーでも並べ方やサイズで全く違う見栄えになるので、「人とは違うデザインに」というこだわりの方にもぴったりです。

機能付きタイルもチェック

最近では機能性を高めたタイルも出てきています。
例えばリクシルの「エコカラットシリーズ」には調湿作用と消臭効果があり、見た目の良さと機能性で選ぶ人が急増しています。

またトイレや洗面所の使用に特化した抗菌作用のついたタイルもあります。
浴室向けに滑りにくいよう凹凸をつけたタイルや、気泡を作り保温性を高めたものもあり、どんな場所にもタイルは取り入れやすくなっています。

使い分けしたいタイルの取り入れ方

タイルはサイズ、形、並べ方によって見え方が変わってきます。
広い範囲と狭い範囲では取り入れやすいタイルが変わるので、タイルを取り入れる場所によって使い分けましょう。

壁面の狭いスペースにモザイクタイル

タイルの壁のリノベーション事例

キッチンの一角だけをタイルに。
狭い範囲に使用する場合はモザイクタイルと呼ばれる小さなタイルを使用するのがおすすめです。

小さなスペースでもデザインを楽しめます。

タイルの壁のリノベーション事例

こちらは洗面所の壁一面に大きなタイルを施しています。
鏡の下には小物を置けるスペースにアクセントでモザイクタイルを使用しています。

丸めのタイルなら可愛らしいカントリーテイストや北欧テイストにも合わせやすいです。

広い範囲に機能付きタイル

タイルの壁のリノベーション事例

リビングのテレビ周りにタイルを使用するのが人気です。
お部屋のアクセントにもなり、機能付きタイルを使用すればお部屋の居心地もより良くしてくれるのも嬉しいポイントですね。

間接照明を生かすことでタイルの凹凸が引き立ち、より雰囲気のある空間にしてくれます。

▼壁材にタイルを使用したこのリノベーション事例はコチラ!

タイルの壁のリノベーション事例

こちらはリビングの壁一面をタイルでインパクトあるものにコーディネートしています。これほどの広い壁面にタイルを貼るのは珍しい事例となりますが、写真で見てもインパクトはとても大きいです。

▼壁材にタイルを使用したこのリノベーション事例はコチラ!

タイルの壁のリノベーション事例

玄関の壁材としてタイルを使用することもあります。玄関扉を開けて一番最初に目に飛び込んでくる玄関の壁に、タイルを使用することでインパクトを持たせることができます。

▼壁材にタイルを使用したこのリノベーション事例はコチラ!

タイルの壁のリノベーション事例

消臭・抗菌機能のあるタイルは玄関に使用するのもおすすめです。
家の顔とも言われる玄関にタイルを使用すると来客時も喜んでもらえること間違いなしです。

玄関壁のタイルをリビングにも使用すれば家全体の統一感もでます。

タイルでおしゃれ空間を楽しもう

おしゃれさが何よりの魅力であるタイルの壁。
経年劣化しにくく、手入れが簡単という実用性も備わっています。

▼タイル以外の壁材が知りたい方はコチラ!

最近では輸入品もかなり増えて「タイル」と言ってもバリエーションはかなり豊富です。
また、タイルは壁面以外にもよく使用されます。

▼タイルを床材として検討したい方はコチラ!

形、サイズ、色、質感…タイルで実現できる個性的な住まいは、可能性無限大
ぜひ時間をかけてタイル選びを楽しんでください。

WRITERこの記事を書いた人

代表取締役 / プロデューサー

矢野 浩一KOICHI YANO

代表取締役(プロデューサー) / 宮崎県出身 / お客様の“不安”を”安心”に転換できるプロデュース / お客様と一緒にチームを作るのがクジラ流です。とことんこだわりたいお客様から、「どうしていいかわからない」というお客様までクジラスタッフを上手くご利用ください。

リノベーションの相談・各種ご予約はこちら